ローテク

愛車にはカーナビがありません。

先日のこと。ある会社に知人の税理士先生をご紹介することになって、現地集合でということになりました。

目的地の地番までわかれば、インターネット地図を使えば事前にピンポイントで調べられます。実際には、だいたいの方角を把握すれば、目的地までの最後の数百メートルさえ迷わなければ大丈夫・・・(でも、少し心配なので早めに出発するか)。

さて、出発進行し、目的地らしきところに着いたのですが、ん?どうも怪しい、ココじゃない。

こんなときは”体内方位磁石”に頼るのみです。

私のやり方は「クルマを降りて周囲を観察する」。必ずこの近くに目的地があるはずです。

道順と目的地の関係を状況把握、慌てず分析、あとは五感を信じて。

結局ギリギリに到着(ちょっと遅れたかな)。会社にも税理士先生にも「ゴメン、ゴメン」で今回は勘弁してもらいました。

言い訳ですが、こんなローテク感が好きです。

春爛漫

この時期、街は初々しいスーツ姿の若者が目立ちます。なぜだか判りますね「あ、新人さんだ」って。新入学の子どもが親御さんと一緒に歩く姿も微笑ましいもの。

今日は二十四節気のひとつ清明。あらゆるものが清らかに明るく、たくさんの花が咲き誇る頃だとか。この4月を新しいキャリアの始まりとすることは、日本の自然とマッチしていて、いいですね。

春爛漫です。

(写真は名古屋市北区の御用水跡街園の桜 H13.4.5撮影)

虎視眈眈

先日出席した日本経営協会中部本部の開設60周年のパーティー。「ご当地で活躍する講師をお招きして」ということなので、自分もカウントしてもらっているようです。

名古屋駅前の立派なホテルとあってテーブルにたくさんのお食事が並んでいて、重鎮の挨拶も上の空に、酒には興味の無い自分はさて何を喰おうか・・・と虎視眈眈。

「お~、アラタニさん!」

ざっと10年ぶりでしょうか。久しぶりにあう講師の方々と、昔話が弾みました。

あっという間に時間が過ぎて、中締め。

結局、お肉をふた切れぐらい食べただけ(残念)。しかし、得たものはあったようで。

戦略的CIO育成支援事業(中小機構)

中小機構中部本部で開催されたセミナーに先日参加してきました。
戦略的CIO育成支援事業で活躍されている高間正俊先生のご講演でした。

小規模企業のIT活用について考え方やRFPの作り方、ベンダー選定の勘どころなど実践的な内容がたくさんでたいへん勉強になりました。

情報セキュリティのガイドラインについても言及があり、比較的守りに弱い中小企業には参考になります。
情報処理推進機構のサイトのご紹介がありました。

戦略的CIO育成支援事業については、中小機構のHPまで。

誘因

石川県で2日間の講師の仕事。

人事評価制度について、管理職と部下にグループ分けしてお話しします。
業務が忙しいところ集まってもらって、人事評価なんて微妙な話をするのは気を遣います。
でも、私にはこの仕事をする誘因(インセンティブ)があります!

それは、「ソースかつ丼」???

研修を終え、疲れを感じつつ北陸道を名古屋に向けてクルマを走行。
福井に入ると南条SAがあります。福井の名物といえばいろいろありますが、ぼくはソースかつ丼。
福井のソースかつ丼が食べられると思うだけで、2日間の仕事に力が入る。

そんなことで、いいのでしょうか・・・

余裕

年度末はなにかと気忙しい時期。

姪っ子が大学を卒業したのでお祝いを贈らないと。
そういえば今日立ち寄るオフィスビルに郵便局があったはず。
ついでだから、早めに行って・・・と思ったら。

ない! 郵便局がもぬけの殻に。

ビル受付の女性に聞くと、今月をもって無くなったとか。
ほかに用事もないのでコンサルティング提案の打ち合わせに早めに到着。

ちょっと迷惑なくらい早く、この時期ずいぶん余裕のある感じでした。

戦う?

石川県に白山比咩神社という格式の高い神社があります。
公式HPによると「霊峰白山を御神体とする全国白山神社の総本宮」とある。
知人の結婚式の招待状が届き、挙式の場所がこの白山比咩神社。

ところで、結婚といえば「プロポーズ」・「エンゲージ」という言葉を連想します。

コンサルの分野も、提案書のことをプロポーザル、契約のことをエンゲージメントと言ったりします。たしかにコンサルの仕事も結婚に似ていなくもない。赤の他人同士が、何かのご縁で知り合い、深い仲(?)になるのは同じ。末永い幸せを求めるところも同じ。

そして、辞書によるとエンゲージという言葉には「交戦」という意味もあるそうで、結婚にしてもコンサルにしても、なるほどそういう面もあるな。

 

春らしく

週明けから富山に出かけておりました。お仕事です。

いつもこの時期に悩むのが冬用タイヤの履き替えタイミング。名古屋と富山をクルマで往復するには、世界遺産で有名な五箇山・白川郷の山道を越える必要があります。山はまだ雪深いものの、3月も中旬にさしかかると道には雪がない。しかし、山の天気は気まぐれで備えは必要なので、結局GW頃まで冬用タイヤということになります。

富山市内に入ると、雰囲気がすっかり春めいて、立山連邦が美しく眺められました。

会計事務所に勤める高校時代の友人と、仕事の打合せをしながら、お昼に富山名物「ブラックラーメン」をいただきました。

思わず

セミナー講師を終えた帰途にての出来事。

人事制度の見直しポイントセミナーということで、講師を務めてきました。3時間は、けっこう長いです。参加くださった企業の皆さんもたいへんだろうなぁと、少し反省気味。ノドもかすれ、こんな時はヴイックスドロップをなめながら帰るわけです。

最寄りの地下鉄の改札は、地下街の中にあります。

改札の前にロッテリアの店舗があって、ノドも乾いたしちょっと寄っていくかと思い立ち、表のメニュー看板をシゲシゲと眺めていました。もう夕方だし、コーヒーだけにしとこっかなと決め、注文カウンターに向かいました。

「お疲れ様です!」

沁みました・・・。ちと年配の女性店員さんに、にこやか&軽やかに、こう声を掛けられ、確かに疲れていたし、休んでいこうという気分丸出しだったのかもしれません。

思わず、おススメどーりにハンバーガーもいただきました。

こちらも回復

勤労者が加入する確定拠出年金(日本版401k)残高が回復しているそうです。

リーマン・ショック後しばらく低迷していた確定拠出年金残高ですが、この半年の株価の回復にともない、急速に盛り返しているとか。

特に、投資教育の教科書どおりに日本株のインデックスファンド中心に投資していた加入者の方々は、おそらく水面下からちょっと息継ぎできるまで回復してきたはず。この調子でいけば、今後は~♪

春の訪れとともに、なんとなくふところ具合まで温かくなった気分。