中小企業の残業割増猶予廃止など

この国会で改正労働基準法案が可決されるようです。

主な内容は、次のとおり。

1.中小企業における月60時間超の時間外労働への割増賃金率の適用猶予廃止
2.健康確保のために時間外労働に対する指導の強化
3.年次有給休暇の取得促進
4.フレックスタイム制の見直し
5.企画業務型裁量労働制の見直し
6.特定高度専門業務・成果型労働制(高度プロフェッショナル制度)の創設
7.企業単位での労使の自主的な取組の促進

6.「成果報酬制」ばかりが注目されていますが、1.割増猶予の廃止や3.有休取得促進など、実務面に影響のある大きな改正になりますね。

「労働基準法等の一部を改正する法律案要綱」の答申」(厚生労働省)